第5回キングストン大会詳報  写真クリックで 一部映像がごらんになれます。 

第4回 第5回 第6回 第7回 第8回   第9回  10 11 12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回

 

 

 新宿曙橋のモダンフォーク・ライブ・レストラン・バックインタウン恒例のキングストン大会は、はや5回目を迎えた。2月7日(土)午後5時開場の同大会 には昨年第4回大会と同じ9バンドが出演。演奏曲に重複なしの昨年のルールに加え、今年は一本マイク・譜面なしという新たな課題が課せられたが、その効果 か、ソロの入れ替わりやギターを上に抱えて演奏したりと動きが入ったステージとなった。

 

 第4回に出場した Guardians はメンバーの都合で参加できず、若手ホープのキングストーンズは初出場。今回は風邪や都合で参加できないバンドメンバーもいて、3バンドが応援メンバーを 入れての熱演。それでも第4回大会よりも一段と洗練され、楽しい演奏がほとんど。くじ引きで決まった演奏順だが、ベテランの MASH LIQUOR KINGSTON MARK III が一部1番・3番となるも、二部・三部もベテランに負けず好演。

 

 神戸からは関西では数少ないキングストンスタイルの Bayside Club Band のメンバーがかけつけ、ステージからエール。次回大会での参加が待望される。バックインタウンではサイモンとガーファンクルの大会も計画しており、ますま す面白くなりそう。

MASH LIQUOR

THE HIT PARADE!

Colorado Trail

One Too Many Morning

 

ベテラン MASHが何とくじ引きで1番をひいた。おかげて演奏後たっぷり飲めたとか。演奏曲目が最後の最後まで確定しなかったのは、豊富なレパートリー の賜物との声。メドレーでは他バンドのメジャー曲をほとんど総なめ。

 

THE REVERIES

World I Used To Know

500 Miles

River Run Down

Hard Ain't It Hard

 

2回目出場のレバリーズはメンバー一人一曲こだわりの 曲を持ち寄って構成。必然的に BOB, JOHN, NICK のソロ中心曲となった。MASH、MARK3のベテ ランに挟まれて好演。

THE KINGSTON MARK III

Come All Ye Fair And Tender Ladies

Children Of The Morning

Get Away John

The Tijuana Jail

 

ベテラン、マークVもくじ引きで3番手。一本マイクの使い方、体の動かし方、演奏の強弱、などさすが貫禄十分。静岡から駆けつけたマーク U 時代のメンバーも交えて演奏 し、和気あいあい。

 

BLACK BIRDS

Hard Travelin'

The First Time

Jackson

So Hi

 

PAMFでもますます活躍のブラックバーズはメンバー1名都合がつかず、助っ人を入れての演奏。以前の大会では弦が切れるほどの熱演だったが今回も迫力満 点。

RAMBLERS

This Little Light

One More Town

Gotta Travel On

All The Good Times

 

メンバーの川戸さんが風邪でダウン。仕事を休んで養生したが回復ならず。大会当日にGIN FIZZの武田さんに応援要請して、予定4曲総入れ替えの15 分練習のみ、でこの出来栄え。さすが30年40年ただで歌をうたっていない。

THE FOLK DREAMERS

Where Have All The Flowers Gone

Last Night I Had A Strangest Dream

Rider

世界にひとつだけの花

 

第4回大会では「キングストントリオも歌っている」日 本語曲

「岬めぐり」を唄い、拍手喝さいだったが、今年も、「Bob Shane が歌いたい」と言っている SMAPのヒット曲を何と、ベースの貞末さんも熱唱、ハーモニカも入って盛り 上げた。

THE KINGSTONES

You're Gonna Miss Me

Pullin'Away

Run Molly Rn

Georgia Stockade

encore=Hard Travelin'

 

フーテナニーナイトで好演、キントリ大会は初出場。若さ溢れる元気な歌声・演奏で場割れんばかりの大拍 手。アンコールの叫びが鳴り止まず、正真正銘のアンコール演奏となった。

THE PRINCETON PARTY

Rueben James

El Matador

Early Morning Rain

Going Away For To Leave You

 

タレントの豊富なプリンストンは第4回のメンバーとは 1名交代で参加。El Matador など張りのある歌声とリズムが好評。元ニューフロンティアズの 関さんもベースで参加。

FACTOR FOUR MEN

A Worried Man

Midnight Special

Chilly Winds

Salty Dog

 

トリを取った Factor Four Men は以前にも増して好演、楽しい演奏となった。一本マイクのソロ・パート演奏をめぐり立位置を入れ替えて唄う工夫など、観客も大喜び。笑顔の絶えない熱演 だった。

BAYSIDE CLUB BAND

 

関西でも多くのFOLKBANDが活躍しているが、キングストン・トリオをカバーするバンドは関東ほど多くはないようだ。神戸を中心に活動しているフォー ク組織 ポートジュビリーで演奏する J.N.R. (Bayside Club Band はその中でも唯一のキント リバンド。今回メンバーが来場、各バンドとの交流も深め、ステージにもあがって次回キントリ大会への出場を表明。左の写真をクリックするとその時の映像を見ることができます。