第19回キングストン大会詳報  写真クリックで 一部映像がごらんになれます。 

第4回 第5回 第6回 第7回 第8回   第9回  10 11 12回 第13回  第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回

 


■キングストン大会もとうとう第19回目を迎えた。年2回開催だから、ちょうど10年続いたこととなる。すごいものだ。10月にはバックインタウン開店 10周年を迎えることから、10月8,9日には元ブラフォーのディック・フォリーとテリー・ローバー、同29、30日には米国MFQも来日しライブ開催の 予定だそうだ。詳細は左写真をクリックし、山田オーナーの話を聞いてください。
■また10月14日にはバンドを横断して有志が演奏する WFCチームがスペシャル・ラ イブを計画しており、見逃せない月になりそう。
■今回の大会は11組が出場、1バンド4曲歌えるようになったのもうれしいが、何と言っても女性だけのトリオの衝撃的な演奏というおそらく前代未聞の出来 事で、大会がさらに大きく盛り上がったことが印象的ではあった。
■各バンドの演奏も幅広い範囲からの選曲や組み合わせがクールとでもいいましょうか、歌声も19回続いたなりの出来栄えとの声。

-The Reveries-
This Little Light
World I Used To Know
One Too Many Mornings
MTA

-Mash Liquor-
Love's been Good To Me
Tomorrow Is A Long Time
Oh, Sail Away
Goin' Away For To Leave You
前週のブラフォー大会にも出場したレバリーズは、両大会共トップバッターの演奏。後はお酒がたっぷり飲めるとばかり、 手抜きの演奏ではなかったのかと、識者の声は厳しい。 4月には盟友 Roving Gamblers と武道館近くで大コンサートを予定している。今大会出場の最大の目的はコンサートの宣伝、とは冗談だが、チケットはこちらからぜひご購入を。

-Ramblers-
Adew To My Island
Don't Cry Katie
Lei Pakalana
Everglades

-Close Up-
Greenback Dollar
Last Night I Had The Strangest Dream
Salty Dog
A Worried Man
毎回新しい取り組みに挑戦する Ramblers。写真の1曲は楽器の持ち手と歌声を初めて一致させる試み。ウクレレを入れたハワイめぐりの演奏やフロリダの湿地帯を犬のように逃げ回る 男の歌まで多彩。 John Stewart 参加後初のLPである Close Up からバンド名を取ったが、今回はそのアルバムからの選曲はない。やさしい歌声と演奏が好評の同バンドもベテランの領域へ

-Gin Fizz-
Hope You Understand
Colorado Trail
Jane Jane Jane
Put Your Money Away

-The King すっとこどっこい Trio-
Sloop John B
Gotta Travel On
Early Morning Rain
Georgia Stockade
ジャジーな奏法とセンスある大人のスタイルがきまっている Gin Fizzはメンバーの風邪にも負けず、好演奏。3月からはバンド名のついたお店を新たに西荻窪に開店するそうだ。お近くの人はぜひどうぞ。 毎回名古屋からかけつける同バンドも、メンバーの転勤で解散?というのはもったいない。ニューフロンティアズタッチの 朝の雨など、すばらしいとは客席の声。
-Special Unit 1-

Pastures Of Plenty

-Special Unit 2-

Leave My Woman Alone

しっとりの中にも凛々しく歌うその難しさが、レパートリーにするには躊躇される、という曲をいかに歌うかがポイント か、なあ。。。わからん。
Dave のあの声と、キングストンらしからぬ曲調もあって、これまでとりあげたバンドはたぶん皆無。イントロはぼろぼろでしたが、後はいかがでしたでしょうか。
-Special Unit 3-

Farewell Adelita

-Special Unit 4-
'
You Don't knock

親しみやすいメロディーラインとバンジョーの響きがキングストンにしてはポピュラー風。雰囲気は出ましたでしょうか。 Dave のいくつかの「絶叫シリーズ」の最高峰と言える曲。誰も歌わなかったこの名曲にとうとう挑戦。元気が出ます。
-The Kingston Mark III-
The New Frontier
Lock All the Windows
An Isle In The Water
Midnight Special
-Factor 4 Men-
Jasse James
Oh Miss Mary
Early Morning Rain
Rider
何度聞いても、うまいとうなる客席。音のバランス、一本マイクの使い方、リズムなどな どさすがの声しきり。 元気一杯のファクターが今回も元気一杯歌いました。ますます貫禄も出てきて、絶好調。
-よこじまトリオ女子部-
Hard Ain't It Hard
Greenbak Dollar
I'm Goin' Home
-Captains Three-
Don't Cry Katie
Ally Ally Oxen Free
Lei Pakalana
If I Had A Ship
すごいです!下手な男はかなわない迫力。満場割れんばかりの大拍手。レパートリー増や して次回も参加期待大。 応援団の声援が今回はちょっと少なかったか、落ち着いた演奏となりました。ベースマンも参加の If I Had A Ship は歌詞のリードも雰囲気抜群
-Princeton Party-
Low Bridge
One More Round
No One to Talk My Troubles To
Stay Awhile
-Ending-

Good Night Irene
Dave 時代の曲を必ず取り入れ歌うプリンストンパーティーが今回は4曲とも John 時代の曲。他のバンド写真には写っている歌詞台がないのもこだわりのひとつ。前回に続きトリにふさわしい演奏でした。 衝撃的、前代未聞、本邦初公開「女子トリオ」出場の第19回大会もフィナーレ。8月の20回大会が楽しみです。
Copyright 2011 The Reveries