第6回キングストン大会詳報  一部映像がごらんになれます。 

第4回 第5回 第6回 第7回 第8回   第9回  10 11 12回 第13回  第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回

 

OPENING

Back In Town オーナー山田さんの挨拶で始まった大会、10バンドの熱気と迫力に加え、観客の声援で歌声もかすみそうになるほど。。これまでになく盛り上がった大会と なった。曲目ダブりもOKで、各バンドの特色がキラリと光る場面も。。マニアックな曲も多く演奏された一方、「花はどこへ行った」「トム・ドゥーリー」な どのなつかしい曲も聞きたかったとの声も。 神戸から参加のバンドも加え、大きく輪が拡がった。以下の画像・映像掲載、ちょっとだけですがご了承くださ い。なお静止画ではベースの方が映っていない場合が多いですが、動画には映っていますのでご容赦。

CAPTAINS THREE

 

If I had A Ship  

Long Black Veil  

Ann  

Farewell Captain

 

Factor Four Men とは仲間同士。キングストン大会は初出場だが、BITでの演奏活動、キングストンカバーは筋金入り。 バンジョーのロングネックを活かした曲や、Annの ギターテクニックなど好評を博し、一番手の演奏は堂々。

FACTOR FOUR MEN

                                                                 

Salty Dog  

Tomorrow Is A Long time  

Pullin'  Away  

Hard Travellin'    

                   

ほとんどの大会に参加、毎回楽しいステージを繰 り広げてくれる Factor Four Men は今回も陽気なアクション・パフォーマンス。 Bart Reiter Vega モデルバンジョーも軽快に、Salty Dog を仕上げて大きな拍手。

THE REVERIES

  One Too Many Mornings  

Tijuana Jail  

Farewell Captain  

Good Night Irene    

 

4曲すべてバンジョー曲。6弦・12弦運搬がめ んどうだっただけ、との影の声も。。 「キングストンは体力勝負」をバンジョー曲で実践するも、観客の迫力 に押され気味。当初3曲ダブりだったが、DチューニングのOne Too Many Mornings Mash が譲ってくれたため、レパートリー不足をあやうく回避。

GIN FIZZ-1

Three Song  

Nothing More To Look Forward  

Darlin'  Are You Dreaming  

真夏の果実

 

メンバー1名欠けての参加。キングストンファン でも知らない人がいる曲を引っ張り出してのハーモニーはさすが。 「キングストン・トリオも歌っている」 (?) サザンの名曲披露では、若い観客も一緒に合唱するなど、今回不参加の Folk Dreamers のお株を奪う大ヒット。

MASH LIQUOR

Remember The Alamo  

Tomorrow Is A Long Time  

Hobo's Lullaby  

Goin' Away For To Leave You  

 

キースチューナー付の Vega バ ンジョーをひっさげ、ベテラン Mash が一部トリで堂々の貫禄。One Too Many Mornings Reveries に譲って、チューナーの出番なし。Kingston Fan Club  ならぬ Kentucky Fried Chicken の制服利用と言われるあざやかなストラ イプシャツが見事。

THE KINGSTON MARK V

Oh, Sail Away  

Those Who Are Wise  

Yes, I Can Feel It

Mark Twain

 

第二部のトップはご存知、キングストン・マーク V。他バンドと一曲もダブりなし、の選曲はレパートリーの広さを物語る。Nick, Bob, John それぞれのメインボーカル曲を 取り上げ、とりわけJohn Stewart の 名曲 Those Who Are Wise には感嘆の声しきり。

ANTILLES TRIO

Buddy Better Get On Down The Line 

Bimini 

Honey, Are You Mad At Your Man?

Comin' From The Mountain

 

本物のキングストンとも交流があり、John Stewart 来日時は一緒に I'm Going Home を歌った。Nick からもらったフェルトピック、Nick の 8弦テナーを作った人の息子さんに作ってもらた8弦テナー、Dave Guard の使っていた 6弦、Bob と同じテナーバンジョーでの演奏はマニアもびっくり。

THE PRINCETON PARTY

 

Haul Away 

Long Time Blues  

A Worried Man

The Last Thing On My Mind

 

歯切れのよい迫力のある演奏は毎回定評がある が、今回はそれにダブルバンジョーの Worried Man が加わった。張りのある高音と2 台のバンジョーの響きはキングストンらしさが一杯。

RAMBLERS

 

Comin' From The Mountain

Long Time Blues

My Ramblin' Boy

Midnight Special

 

コバルトブルーのラコステ・ストライプシャツが 目にあざやか。キングストン・マークV、星野さんから譲り受けた John Stewart サイン入りのテナーギターで全曲演奏したせいか、シャープな楽器演奏となったとの声。

BAYSIDE CLUB BAND

Corey, Corey - Hard Ain't It Hard

Tijuana Jail  

Rolling River

MTA

A Worried Man

Encore: Reuben James

とうとう来ました神戸から。期待を超えるすばら しい演奏、MCの総合ステージ力に皆脱帽。ご自分で製作されたロングネックバンジョーの音色も、ブルーグラ スで培った演奏力と相まってすばらしい響き。単独ライブ期待の声も。。

ENDING

I'm Going Home  

Greenback Dollar  

今日の日はさようなら  

 

キングストン大会恒例のEnding曲、I'm Going Home の合唱を終え、素敵なお客様を交えて Green Back Dollar 演奏へ。そしてとうとうあのスチューデント・フェスティバル再来を思わせる、大合唱となったのでした。画面に映っているのは最後まで脱落せず、ステージに 居残れた、幸運な皆さんでした。

Copyright 2004 The Reveries